スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

甘すぎず苦すぎず





(c)sega

「一寸先は闇」だけど、「お先真っ暗」は言い過ぎでしょう。





チームのことを外側から正しく見ることはすごい難しいことなんじゃないかって思う。
チームチャットを見ることが出来る人はチーム内の人だし、
チーム外の人はチームチャットを見れないし。

当たり前のことを言ってるだけだけど、
チームの外に出てしまえば、
そのチームに対する知識ってかなりボヤーッとしたものになるんじゃないか。
人から聞いたことや、外から見た感じで想像したりするくらいしかできないのが現実で、
チームでの行動や交流の大部分になるチャットは聞こえもしない。
思えばそんなことを考えもしないで自分はひどいことを言っているなと思う。

「あのチームは今大変らしい」「色々もめているらしいね」
実際にそんな言葉を聞いたり、言ったり、言ってもらったりしてきた。

それはきっと厚意で、好意なんだろう。
それが嬉しくて「そうなんだよ、実はさ・・・」と口を開いてしまうけど、
でもそれこそ、その言葉こそチームにとっては良くないものなのかなとも思う。

私こそ反省するべきだけど、
そういう話は外へと出た途端ゴシップになって、
好奇心と厚意と傷心の入り混じった、
よく分からない味のジュースみたいになっちゃうんだろう。
その好奇心の甘さがちょっと苦手だ。

私たち自身だってこれからチームがどうなっていくかなんて分からない。
でも「このチームは終わりだ」「期待は無駄だ」なんて意見はやっぱり嫌いだ。
そんな人生を何回もやってきましたよみたいな達観は嫌だ。

人生じゃないけど、こういうゲームでのチームがどうなっていくかは何回も見てきたよ。なんて、
そんな高いところで立ってないで、下で一緒に迷ったり悩んだりしてみませんか。

そんな私たちを周りいる人たちがそこまで関わることもなく、
少しの声援で励ましてくれたなら、私のキャラの目が潤むんじゃないでしょうか。オイルで。

[ 2014/02/14 00:00 ] キギ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://neochirappikawaii.blog.fc2.com/tb.php/584-2408e7d4







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。