スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

私たちを束ねる何か

teamroom-for-stump-kigy.jpg
(c)sega

束ねているのか、繋げているのか、捉えているのか、
分かりませんけど、離れ離れではないですよね。




こんばんは。キギです。

私の所属しているチーム、ここで書くのはおかしいですが「ねおちらっぴ」。
私の思う姿というものを書いていきたいと思います。

突然そんなことを言い出してどうしたんだ、なんて思われても仕方ありませんが、
自分自身がどうしたいのか分からないことでもありますので、
整理も兼ねて、この記事を書いていきます。


現在の「ねおちらっぴ」は、
メンバー数は50人以上にもなりますが、
ログインメンバーは約10~20人ほどのチームです。

そのほとんどがゲームの難易度としては最難度のクエストに挑戦しています。
レベルの低いキャラクターの育成には協力を申し出る申し訳なさや、
協力をするときにどうしても付きまとうやりごたえのなさから、
ソロでの活動が多くなると思います。

チームでの行動を強制することはありませんが、
「チームで盛り上がること」の重要視や、
「折角のチームなんだから一緒に行動するのは良いこと」という意識によって、
少なからず「チームでの行動」が良いものだと認識されているように感じます。

役職に関する格差は基本的にありませんが、違いはあります。
役職によって利用できるチーム機能が異なりますし、
名ばかりとも言っても「マネージャー」の方は少なからず責任感を感じているように思います。

また、役職の昇級などはほとんど行っていません。
昇級に関しては大まかに決まっている条件などもありますが、
「チームマスター」であるsaiさんや、「マネージャー」の方も、
格差がない、ということが裏目に出て、上げたり降ろしたりをやりづらそうにしている印象です。

チーム機能や、役職については、その不備とも言える状態から、
「こうしたいんだけど」と言えばそれが即反映されるような、
「言ったもの勝ち」の状況になってしまうことも少なくありません。

また、格差がないとは言いましたが、
「マネージャー」以上の役職の方には自然に、あるときは必要以上に負担が掛かっていることもあります。
チーム機能の変更や、チームブログの管理。

チームメンバー同士で起こる問題にも立ち会っていることが多いと感じます。
これが個人的な付き合いであるのか、マネージャーとして、なのかは分かりませんが。

一方でそうした責任感が「ビジター」「コモンメンバー」を問題から必要以上に遠ざけてしまう、
そんな状況も多いと感じます。

そこに「基本的には」ありえない格差を感じてしまうことがあります。
「仲間はずれにされている」と感じてしまうこともあるかもしれません。

チームメンバーの募集は長い間メンバーからの紹介のみになっており、
自他共に「内向的」なチームとして認識されている印象です。

チームメンバーの整理は予定しておりません。
これには格差という考えはもちろん、ログインの時間帯にバラつきがあり、ログインメンバーを把握しきれないこと。
非ログインメンバー(この言い方はどうなんだ)への申し訳なさ、が影響していると思います。

「チームで盛り上がること」なんて言葉を最初に用いましたが、
遠慮がち、控えめな部分もあります。

自分から声を出すのが苦手な方、受身になりがちな方には、
少なからず嫌な思いをさせてしまうチームです。
多分。いや、きっと。

輪に自分は入っていないのに、
「このチームはいいチームだ」なんて聞こえてきて少し寂しい思いをさせてしまうかもしれません。
それはきっと普段から、ずっと前からある問題だとも思う。

その他にも問題、と認識されるような出来事や関係はこのチームにはたくさんある。
いいかげんなところや調子のよすぎる発言だってたくさんある。

私もこのチームに入って、ねおちらっぴには嫌なところがたくさんあるって思う。

チームに入ったばかりの頃、チームチャットは鬱陶しくて、
それでいてたまらなく羨ましかった。

いざそこに加わることができるようになって、
色んな事ができるようになって、チームに疑問を感じることが多くなった。


でも、書いてみてどうだろう。

投げた言葉は自分に帰ってくるんじゃないだろうか。

控えめで遠慮がち、
ただの人間関係を「問題」なんて誤解して、
その輪に入れないことを「仲間はずれ」呼ばわりする。

チームの「不備」は、
チームメンバーが意識の回らなかったこと、忘れていたこと、無関心だったことだ。
当然、そこに自分だって含まれている。

忘れていたことは、関心のなかったことは、そこまで重要なことなんだろうか。


私たちチームメンバーは平等な立場でのプレイヤーであるべきだ。

私が思うところ、このゲームにおける「チームのために」なんて言葉は美しくない。
「自分のために」何かをするべきだと思う。

そうあってほしいと、悩んでばかりのあなたに、自分に思う。


ヒステリックな内容だったかもしれません。

愚痴、ととられても仕方のない内容かもしれませんが、
もっと違うものとして伝わっていたらいいなあと思います。


読んでいただいて、ありがとうございました。

[ 2014/05/12 02:00 ] キギ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://neochirappikawaii.blog.fc2.com/tb.php/608-ce845e9d







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。