スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

PSO2 魔王流キャラクター育成論 その1(Lv30位まで)

「はっきり言う、全職カンストは簡単だ!!」

大きな山のように見えるかもしれない、が!!

よく見れば道は整備されている、そこに気付くのが育成のコツだ!


(いわゆる常識的な内容です、かなり初心者向け サブキャラ育成に多少役にたつかもレベル)
第一章 迷わずにハンター!

迷ったらハンター、迷ったらフォースなんて名言もあるが
全職カンストを目指すなら迷わずにハンターから育成することをオススメする


ハンターにはほぼ、全ての職において有効活用できる3大スキルがあり
それを他クラスでも活用していくことで効率よく育成が可能となる

キャラクター育成有用三大スキルとは

「ヒューリースタンス」
「オートメイトハーフライン」
「アイアンウィル」 



この中で、「オートメイトハーフライン」と「アイアンウィル」はどの職でも活用できるスキルであり
ヒューリースタンスもフォース・テクターを除きレンジャーやガンナーのような射撃職でも活かせる強スキルなのだ



なので全職カンストを手早く済ませるにはまず、ハンターの育成から取り掛かるべきだろう!!

なお、育成用のツリーとして使うのでギアとレアマスタリーは一切取らない
ハンター武器を活用したい場合は別のツリーを用意する事

ハンターツリーには余剰のポイントは一切無い!!






第2章 Lv20になるまで ルーサーを見逃すな!


ダークファルス[敗者] いわゆる12人共闘コンテンツであるこの相手と戦うためにはまず眷属のアポス・ドリオスと戦う必要があるのだが
この、眷属を難易度を問わず4戦することでドロップ枠を増加させることが可能となっている

難易度を問わない、ということでビギナーブロックで高レベルのアークス達が枠増加の為にさくっと周回する事が現在の主流の一つとなっている

これに便乗する、これがLv20まで簡単に育成をするコツとなる

予告クエストや、esの予報を活用し、ルーサーであれば積極的に参加し、全ての職を20まで引き上げてしまえばいい
ノーマルであっても入る経験値は膨大だ、これを活用するのとしないのとでは大きく差がでてしまうぞ



第3章 普段のサブクラスはブレイバー
     オーダー報告時のサブクラスはレンジャー





まず、最初に育てるべきはハンターだということを第1章で説明したが
レベル20からサブクラスを使えるようになる

サブクラスにはメインの経験値の10%が加算されるのでこれを活用して有用な職の育成も同時に開始していく
好きな職でいいんじゃないか?なんて認識の甘い事を言っているようでは効率的な育成はできない

普段使いのサブクラスはブレイバー そしてオーダー報告時にはレンジャー

この2つを同時に育成をしていく


ブレイバーをサブ職で推す理由は カタナの圧倒的な扱いやすさにある
弓を使いたいなら追加ツリーを使うこと

またアベレージスタンスは打射法どれにおいても効果がある 
後々のフォース育成時に活用もできる
のでここではブレイバーを推す


そしてレンジャー この職には狂スキルのウィークバレットがある

後々のエンドコンテンツでの育成時に
とりあえずサブにレンジャーを入れておけば
最低限の仕事はこなせる


ここもしっかりと育成をやっておきたい

なお、それぞれ職のスキル取得フロチャートは後の章にて解説する


ここまでが基礎的な部分だ
まず、これを頭に叩き込めばVHまでは簡単に進める

カンストアークスには既に常識となってる部分だが、初心者が育成をする際には
この点に気を付けておけば序盤の育成で失敗することは無い



無理なくプレイしながら育成する という点ではここを外してはならない
なお、進めていけば納品系オーダーで一気にあげるということも可能だが これも後の章で解説する
[ 2014/10/15 11:31 ] 攻略 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://neochirappikawaii.blog.fc2.com/tb.php/635-8ade60dc







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。